毎日がHOLIDAY

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「劔岳 点の記」と剣岳の思い出

<<   作成日時 : 2017/09/14 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本映画チャンネルでやっていたので久しぶりに観た。確かDVDも持っていたと思うのだが。もちろん原作もなんども読んだ。剣岳周辺の立山連峰の山々の美しい映像と大好きなビバルディ「四季」の音楽がすばらしい映画である。そしてその美しい風景をバックに主人公たちの淡々と山に登り測量という仕事をこなしていく静かな闘志を全面に出したストーリーもいい。

30年前私も剣岳に登った。
コースは黒四ダムを降りて剣沢入り口の真砂沢で一泊。次の日剣沢大雪渓を登り剣山荘で荷物を置いて剣岳登頂往復。
剣沢山荘で一泊。次の日別山ー真砂ー大汝ー立山雄山ー一の越ー龍王ー五色ガ原キャンプ場。次の日平の小屋へ下山ー黒部湖のヘリを延々と歩いて出発点の黒部ダムという3泊4日の長?い縦走だった。
全てテント泊で重い装備を背負っての山歩きだったが幸い天候に恵まれたと思う。
画像

剣沢山荘テント場から眺めた、今にも降って来そうな満天の星々の凄さ、信仰の山立山雄山の人だかり、一の越の観光客の多さ(室堂から緩い坂を歩いて40分ほどで来れるのでハイヒールとまではいかないがラフな靴の人が多かった)、龍王のあたりだったかの初めて見るコマクサの群落、五色が原の静寂、平の渡しの小屋から黒部ダムまでの延々と続く水平の黒部湖のヘリを歩く道の退屈で辛かったことなどが思い出される。意外と剣岳を登ったことはあまり覚えていない。槍岳と同じに鎖場や垂直なはしご場もあったとは思うのだが。そうそう黒部ダムから剣沢雪渓取っ付きの真砂沢には黒四ダムの横を黒部ダムを仰ぎながら降りて行く。普通に黒部ダムを観光に来たのでは観られない景色である。
剣沢雪渓は日本三大雪渓で、私は他の白馬大雪渓・針ノ木大雪渓も登っている。
雪渓登りは涼しいが、落石と必ず途中で湧くガスで前が見えなくなるとなかなかに怖い。
その頃は山行日記もつけていたのだが、いくつかの引越しの間に無くしてしまったようで残念だ。
もう山に行けなくなった身としては昔頑張った縦走路、行きたかった縦走路のことが思い出される。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「劔岳 点の記」と剣岳の思い出 毎日がHOLIDAY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる